21日のPTS注目ポイント=ITFOR、シュッピン、アイモバイル、西松屋チェなど

株式

PTS

2020/10/21 17:36

▽ITFOR<4743.T>、21年3月期上期(20年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正。上期は、売上高を従来の65億円から74億円(前年同期比16.8%増)に、営業利益を6億8000万円から8億4000万円(同25.9%増)にそれぞれ増額。通期は、売上高を145億円から158億円(前期比3.7%増)に、営業利益を18億円から18億5000万円(同7.1%増)に引き上げている。

▽シュッピン<3179.T>、21年3月期上期(20年4-9月)の単体業績予想を上方修正。売上高を従来の136億1900万円から143億9600万円(前年同期比19.4%減)に、営業利益を3億4400万円から5億3100万円(同52.8%減)にそれぞれ引き上げている。

▽アイモバイル<6535.T>、取得期間20年10月23日-12月25日の予定で、上限10億円、65万株(自己株式を除く発行済株式の2.98%)の自社株買いを実施すると発表。取得方法は東証自己株式立会外取引および市場買い付けとしている。

▽西松屋チェ<7545.T>、20年2月期10月度(9月21日-10月20日)の売上高(速報)は、既存店が前年同月比23.7%増で、全店は同24.4%増。

▽シスロケ<2480.T>、21年3月期上期(20年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正。上期は、売上高を従来の5億1700万円から5億4900万円(前年同期比6.8%増)に、営業利益を1億8100万円から2億3400万円(同12.5%増)にそれぞれ増額。通期は、売上高を10億7000万円から11億200万円(前期比3.5%増)に、営業利益を3億9000万円から4億4300万円(同4.2%増)に引き上げている。

▽NOK<7240.T>、21年3月期上期(20年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正。上期は、売上高を従来の2370億円から2554億円(前年同期比17.2%減)に引き上げ、営業損益を165億円の赤字から79億円の赤字(前年同期は21億6400万円の黒字)へと赤字幅を縮小。通期は、売上高を4880億円から5302億円(前期比15.4%減)に引き上げ、営業損益を228億円の赤字から108億円の赤字(前期は120億2800万円の黒字)へと赤字幅を縮めている。

▽イーグル<6486.T>、21年3月期上期(20年4-9月)および通期の連結業績予想を修正。上期は、売上高は従来の570億円(前年同期比21.2%減)で据え置いたが、営業損益を24億円の赤字から5億円の赤字(前年同期は40億3600万円の黒字)に上方修正。通期は、売上高を1234億円から1241億円(前期比12.7%減)に、営業損益を18億円の赤字から11億円の黒字(前期比80.9%減)にそれぞれ引き上げている。

▽レッグス<4286.T>、20年12月期の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の150億円から155億円(前期比6.2%減)に、営業利益を5億円から7億円(同38.2%減)にそれぞれ引き上げている。

▽ラクオリア薬<4579.T>、同社が「エランコ社」に導出したグレリン受容体作動薬「ELURA」について、FDA(米国食品医薬品局)から慢性腎臓病のネコの体重減少を管理する薬として承認されたと発表。

▽東海エレ<8071.NG> 、21年3月期上期(20年4-9月)の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の195億円から195億4000万円(前年同期比2.6%増)に、営業利益を収支トントンから1億2500万円(同58.1%減)にそれぞれ引き上げている。

▽主な業績修正=ゼンリン<9474.T>

▽主な月次=ソラスト<6197.T>、フリュー<6238.T>、SFJ<9206.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ