22日の東京外国為替市場=ドル・円、104円台後半で推移

マーケット情報

為替

2020/10/22 15:03

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=104円台後半を中心にもみ合った。

 21日欧米時間では、英国とEU(欧州連合)との通商交渉が前向きに進むとの見方が広がり英ポンド・ドルやユーロ・ドルが上昇。ドル弱含みとなる中で、ドル・円は104円30銭台まで下押ししたが、22日東京時間序盤は前日のドル売りが一服。東京株式市場寄り付き前に104円60銭近辺だったドル・円は、その後、国内輸入企業からのドル買い・円売りが入り上伸。一時104円75銭まで上値を伸ばした。

 ただ、米国時間に米大統領候補のテレビ討論会が控えていることもあり、その後のドル・円の上値は重かった。

 15時現在、104円66銭となっている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ