マザーズ指数4日続落、メルカリなど主力株が下落=新興市場・26日

 マザーズ指数が4日続落。東京市場全般がさえない展開を続ける中、マザーズ指数はジリ安基調。前週末にかけて売り優勢の展開となった流れが継続しており、メルカリ<4385.T>、BASE<4477.T>、弁護士ドットコム<6027.T>など主力株への利益確定売りが続いている。メドレー<4480.T>、JMDC<4483.T>、Chatwork<4448.T>も安い。ジャスダックでは不二硝子<5212.T>、朝日ラバー<5162.T>などが上昇した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ