多摩川HD、台湾の通信機器メーカーに出資、5G分野の強化加速へ

株式

2020/10/26 15:51

 多摩川ホールディングス<6838.T>は26日、台湾の通信機器関連ベンチャーに約3600万円を出資すると発表した。資本業務提携をしているナビック(東京・千代田区)も絡めて5G分野を強化する方向だ。

 5G向けのミリ波用アンテナなどを手掛けるTMYテクノロジーの新株を取得する。14年設立のTMYテクノロジーは、特定の方向に電波をアンテナから特定の方向に集中的に送信する「ビームフォーミング」の技術を基盤に通信機器を開発し、日本を含む通信キャリアを顧客に持つ。既存の4G通信網を5Gに変換する装置を開発し、サンプル出荷を実施している。

 多摩川HDは5G向けに半導体の信頼性試験装置などを展開し、JTOWER<4485.T>の子会社で、ネットワークへの接続や認証の制御で高い技術を持つナビックにも出資している。建物や施設内などにエリアを限定した「ローカル5G」分野でも商機が広がっており、今後はTMYテクノロジーとも連携して成長市場に食い込む構えだ。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ