エーザイが5日ぶり反発、米Cogstate社とCBBに関し全世界での開発権および独占的商業化権で契約

株式

2020/10/26 16:14

 エーザイ<4523.T>が5日ぶりに反発し、164円高の8494円を付けた。26日の取引開始前、米Cogstate社が開発した「Cogstate Brief Battery」(CBB)を含む全ての認知機能テストについて、医療用・非医療を問わず同社が全世界における開発権および独占的商業化権に関する契約を締結したと発表、材料視された。

 今回のグローバルライセンス契約は、Cogstate社が開発したCBBを含む全ての認知機能テストについて、同社が19年8月に日本における独占的開発・商業化権を獲得したパートナーシップを拡大するもの。今後は、CBBについて、個人の日常生活における生活習慣の見直しや予防行動の実践に向けたブレインパフォーマンス(脳の健康度)のセルフチェックツール、さらには医療用の認知機能評価ツールとしての開発を両社で協力してグローバルに進めていくとしている。

 26日の終値は、前週末比121円高の8451円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ