板硝子、抗ウイルスガラス「サニタイズ」を北米、南米および欧州で販売

株式

2020/10/29 7:31

 日本板硝子<5202.T>は27日、同日から抗ウイルスガラス「サニタイズ」(英語製品名:Pilkington SaniTisetm)を北米、南米および欧州で販売を開始したと発表した。

 「サニタイズ」は、同社独自のオンラインコーティングにより施された光触媒膜が、ガラス表面に付着したエンベロープウイルスを不活性化する抗ウイルスガラス。自然光の紫外線があたる共有スペースや、多くの人が触れる場所で優れた効果を発揮するという。学校、病院、レストラン、ホテルなどの建物のファサード(建物の外観デザイン)に用いられるガラスの屋内側などでの使用が想定されている。

 28日の終値は、前日比21円安の362円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ