日野自、大林組と実際のダム建設現場で大型ダンプトラックによる自動運転の実証実験

株式

2020/10/29 7:34

 日野自動車<7205.T>は27日、大林組<1802.T>と、建設業における現場作業員の高齢化や就労人口の減少による労働力不足、夜間や単調作業の生産性向上などの課題解決に向け、大型ダンプトラックによる自動運転(レベル4相当)の実証実験を、実際のダム建設現場である川上ダム(三重県伊賀市)で11月1日から1カ月半実施すると発表した。

 今回の実証実験では、夜間の建設現場で稼働する現場内の搬送ダンプに、自動運転車を1台導入。有人ダンプと自動運転車が混在した交通下における運行への影響や、全車自動運転車だけでの運用を検討する。また、建設現場の自動化に向け、建機連携を念頭に置き、データを取得するという。

 28日の終値は、日野自が前日比35円安の766円、大林組は同28円安の868円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ