リソー教育、モーニングスターが「徹底した感染症対策で対面授業ニーズ取り込み」と指摘

株式

2020/10/30 9:25

 リソー教育<4714.T>は、モーニングスターが30日付リポートで、新型コロナウイルス感染症拡大によりオンライン授業が増える中、授業内容が生徒にきちんと伝わる対面授業へのニーズが高まっており、同社の徹底した新型コロナ感染症対策がこうしたニーズを取り込んでいると指摘している。

 レポートでは、足元の生徒数増で下期は急回復するとみられ、下半期ベースの比較だと、会社計画の21年2月期下半期の売上高は前年同期比8.6%増、営業利益は同27.1%増と大幅増収増益になるとした。想定株価レンジは450―500円(前回は550-600円)、投資判断は「オーバーウエート」(強気)としている。

午前9時15分時点の株価は前日比5円安の307円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ