日経平均は184円安、構成銘柄では京セラ、OKI、日立建機などが値下がり率上位

国内市況

株式

2020/10/30 13:53

 30日午後1時45分時点の日経平均株価は、前日比184円80銭安の2万3147円14銭。後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに下げ渋って始まった。ただ、戻りは限定され、再度軟化し、一時2万3115円54銭(前日比216円40銭安)まで下押した。その後も安値圏で推移している。週末要因に加え、現地11月3日の米大統領選挙を控え、持ち高調整売りに抑えられているもよう。

 日経平均構成銘柄では、京セラ<6971.T>、OKI<6703.T>、日立建機<6305.T>などが値下がり率上位。半面、アドバンテスト<6857.T>、エプソン<6724.T>、ファナック<6954.T>などが値上がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ