16日のPTS注目ポイント=グリムス、ベルーナ、ネクステージ、エンプラス、FRONTEなど

株式

PTS

2020/11/16 16:50

▽グリムス<3150.T>、11月24日付けで東証1部銘柄に指定

▽ベルーナ<9997.T>、10月の月次売上高は前年同月比33.2%増

▽昭和産<2004.T>、21年3月期の連結営業利益を前期比13.7%減の76億円(従来予想は84億円)に減額、負ののれん代計上で純利益は33.1%増の90億円(同65億円)に増額

▽ネクステージ<3186.T>、20年11月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比6.8%増の65億円(従来予想は30億円)、期末一括配当は7円(同6円)

▽エンプラス<6961.T>、50万株(自己株式を除く発行済み株式総数の4.19%)・12億5000万円を上限に自己株式取得、5000万株(消却前発行済み株式総数の27.42%)の自己株式を消却

▽日創プロ<3440.T>、福島工場に新工場棟の建設、耐火パネル生産ラインの増設、不燃断熱パネル生産ラインの新設を行うことを決定

▽マーチャント<3121.T>、EST corporation(東京都千代田区)と業務提携し、医療分野において、ブロックチェーン技術や暗号資産を活用した効率的なサービスを開発・提供する事業に取組むことを決定

▽高千穂交<2676.T>、株主優待制度を変更

▽アイケイ<2722.T>、12月4日付けで東証及び名証の1部銘柄に指定、公募による新株式発行、株式売り出しを実施

▽ベルトラ<7048.T>、、20年12月期第3四半期の四半期報告書に継続企業の前提に関する事項を注記

▽FRONTE<2158.T>、第三者割当増資を実施し、フォーカス<4662.T>、学研HD<9470.T>と資本業務提携

▽市光工<7244.T>、20年12月期の連結業績予想を増額、営業利益は前期比76.7%減の15億円(従来予想は10億円)

▽主な自己株式取得=東邦システム<4333.T>

▽主な決算発表=INEST<3390.T>、リクルートH<6098.T>、サクサ<6675.T>、アジア開発<9318.T>、メタップス<6172.T>、クレアHD<1757.T>、スカラ<4845.T>、バルクHD<2467.T>、理ビタ<4526.T>、ナビタス<6276.T>、HANATJ<6561.T>、あおぞら<8304.T>、ITbHD<1447.T>、UMCエレ<6615.T>

▽主な月次発表=ファンコミ<2461.T>、ひらまつ<2764.T>、Jフロント<3086.T>、イオンファン<4343.T>、エイジス<4659.T>、アストマクス<7162.T>、高島屋<8233.T>、パーク24<4666.T>

▽主な上方修正=ダイオーズ<4653.T>

▽主な下方修正=A&Aマテ<5391.T>、佐渡汽<9176.T>、スカラ<4845.T>

*午後4時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ