マザーズ指数小反落、方向感欠き主力株は高安まちまち=新興市場・20日

 マザーズ指数が3日ぶりに小反落。3連休前で方向感のない相場展開となっており、主力株が高安まちまち。そーせいグループ<4565.T>、GMOフィナンシャルゲート<4051.T>が買われ、BASE<4477.T>、CYBERDYNE<7779.T>は売られた。フリー<4478.T>、エヌ・ピー・シー<6255.T>も上昇。IPOのアララ<4015.T>は初値形成後、もみ合いとなった。ジャスダックでは不二精機<6400.T>、HAPiNS<7577.T>、Speee<4499.T>などが軟調展開だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ