今晩のNY株の読み筋=ワクチン期待と感染者増による経済停滞懸念の綱引き継続か

株式

2020/11/24 17:08

 24日の米国株式市場では、新型コロナワクチンに対する中・長期的な期待と感染者の増加による目先の経済活動に対する懸念の綱引きが続きそうだ。足元の投資家心理は比較的良好ながら新型コロナをめぐっては移ろいやすい。きょうは米9月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数などが発表されるが、結果次第では株式市場の方向性を一変させるきっかけになる可能性もある。

 一方、米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前大統領が閣僚人事で財務長官に、前FRB(米連邦準備制度理事会)議長のジャネット・イエレン氏を指名する見通しと伝えられており、金融緩和に前向きなハト派とされる同氏の起用は金融市場にとってプラス材料となりそうだ。

<主な米経済指標・イベント>

経済指標=米9月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米11月消費者信頼感指数

要人発言=ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁、クラリダFRB(米連邦準備制度理事会)副議長

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ