大戸屋HDが一時ストップ高、株主優待制度の拡充を材料視

株式

2020/11/26 10:59

 大戸屋ホールディングス<2705.T>が一時500円ストップ高の2380円に噴き上げた。午前10時57分時点で243円高の2223円となっている。25日引け後に株主優待制度の拡充を発表し、人気化した。

 変更内容は、優待発行1回につき、100株以上500株未満保有で4000円相当の食事券または精米3kg(現行は保有期間3年未満で2500円相当の食事券または精米2kg、同3年以上で3000円相当の食事券または精米2kg)、500株以上1000株未満保有で2万円相当の食事券または精米15kg(現行は同3年未満で6500円相当の食事券または精米5kg、同3年以上で7500円相当の食事券または精米5kg)を贈呈する。今回の株主優待制度変更に際し、継続保有期間による区分は廃止する予定。

 なお、変更予定日は21年3月末基準日分よりとし、株主優待の発行回数は、現在と同じく毎年3月末および9月末を基準日とする年2回を予定している。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ