片倉が急騰し年初来高値を更新、通期の業績予想を上方修正

株式

2020/11/26 12:36

 片倉工業<3001.T>が急騰。25日引け後に、20年12月期の連結業績予想を上方修正したことが好感された様子。株価は前日比153円高の1450円まで値を上げ、2月19日に付けた年初来高値1387円を更新している。

 20年12月期について、予想売上高を従来の386億円から394億円(前期比10.5%減)に、営業利益を25億円から30億円(同16,8%増)にそれぞれ引き上げ、一転して2ケタ増益を見込んでいる。売上高は、不動産事業においてコロナ禍によるテナント賃料減があったものの、医薬品事業におけるニトログリセリン静注の増加や、前回修正(8月13日)以降のテナント売上高、テナント賃料水準の回復が主な要因。利益面は医薬品事業、不動産事業の増収、各事業における経費節減が押し上げに働く見通し。

 午後零時32分現在の株価は85円高の1382円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ