「お茶」関連、新型コロナ対策思惑で急伸、伊藤園やティーライフが大幅高

株式

2020/11/30 9:22

 新型コロナウイルス対策としてお茶の効果が注目されたことで、30日の株式市場では伊藤園<2593.T>などの関連銘柄に思惑買いが向かっている。

 新型コロナを市販のお茶で無害化する効果を確認したと、奈良県立医科大学が27日に発表した。試験管内でウイルスが1分間お茶に触れると最大99%が感染力を失ったといい、商品名の公表を検討している。

 お茶の大手の伊藤園は、前週末比5.9%高の8590円まで買われて年初来高値を更新した。健康茶などをインターネットで販売するティーライフ<3172.T>も一時11.6%高の1442円まで上昇。食品副原料のオーウイル<3143.T>も買われているほか、茶エキスを手掛ける佐藤食品工業<2814.T>がカイ気配となっている。

 このほか、伊藤園のボトリングを担うカーリットホールディングス<4275.T>にも連想が働き、3.9%高の634円を付けて年初来高値を更新した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ