大和コンが急落、第1四半期の営業利益は13.5%減益

株式

2020/11/30 14:28

 大和コンピューター<3816.T>が急落。27日引け後の決算発表で、21年7月期第1四半期(20年8-10月)の連結業績が減収・2ケタ減益だったことが嫌気された様子。株価は前週末比102円安の1078円まで値を下げている。

 21年7月期第1四半期は、売上高6億4000万円(前年同期比8.3%減)、営業利益1億4000万円(同13.5%減)。売上高は、ソフトウェア開発関連でのIT投資予算の縮小やプロジェクトの延期等の影響により8.3%減収。それに伴う売上総利益の減少、および販管費の増加により、営業利益は13.5%減益となった。ただ、営業利益の上期(20年8月-21年1月)予想2億2500万円(同19.1%減)に対する進ちょく率は62.2%となっている。

 午後2時25分現在の株価は86円安の1094円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ