ナデックス、日本電気通信システムと「マーカーロケーションシステム」を共同開発

株式

2020/11/30 16:09

 ナ・デックス<7435.T>は前週末27日、日本電気通信システム(東京都港区)と、工場や倉庫などでの部品や原材料の位置情報を高精度で把握し、可視化する「マーカーロケーションシステム」を共同開発したと発表した。

 同社のスマートマテリアル管理システム(入出庫管理)と日本電気通信システムが開発したNECマーカー位置測位ソフトウェアにより、入庫した資材を自動的に認識し、そのロケーションを自動的に関連付けることで、資材の種別ごとに保管スペースを確保する必要のないフリーロケーション化を実現する。同社では、12月1日から製造倉庫や物流倉庫等向けに販売を開始し、今後3年間で50件の販売を目指すとしている。

 30日の終値は、前週末比10円安の659円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ