アイカ工業が続伸、同社の「アイカウイルテクト」で新型コロナに対する抗ウイルス効果がある旨の試験結果

株式

2020/12/2 16:28

 アイカ工業<4206.T>が続伸し、一時45円高の3770円を付けた。2日午前11時30分、抗ウイルス剤練込メラミン化粧板「アイカウイルテクト」が、新型コロナウイルスに対する抗ウイルス効果がある旨の試験結果を得たと発表、材料視された。

 同社では、同社の抗ウイルス剤練込メラミン化粧板「アイカウイルテクト」は6月8日付けで、ネココロナウイルスに対して抗ウイルス効果がある旨の試験結果を開示していたが、今回新たに日本繊維製品品質技術センターにおける抗ウイルス性試験の結果、新型コロナウイルスに対しての効果が確認されたという。

 2日の終値は、前日比25円高の3700円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ