日経平均は63円程度安、採用銘柄の値下がり率上位にエムスリー、安川電機、JPXなど

国内市況

株式

2020/12/3 10:37

 3日午前10時30分すぎの日経平均株価は、前日比63円程度安い2万6737円前後で推移する。朝方から売りが先行。一時上げに転じる場面もみられたが、株価指数先物にまとまった売りが出たことをきっかけに、売り圧力が強まったもようで、午前10時18分には同74円77銭安の2万6726円21銭を付けている。時間外取引で米株価指数先物がさえない展開にあることも、意識されているもよう。為替市場では、ドル・円が1ドル=104円40銭台(2日終値は104円56-57銭)で、足元ではやや円高方向にある。

 日経平均採用銘柄では、値下がり率の上位に、エムスリー<2413.T>、安川電機<6506.T>、JPX<8697.T>、シャープ<6753.T>、ダイキン<6367.T>がランクイン。値上がり率上位に、JR西日本<9021.T>、フジクラ<5803.T>、川崎汽<9107.T>、コニカミノル<4902.T>、デンソー<6902.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ