DLEがストップ高、ワールドクラスのD2Cプロダクト開発スタジオへの出資を材料視

株式

2020/12/3 10:55

 ディー・エル・イー(DLE)<3686.T>が80円ストップ高の432円に噴き上げた。2日引け後、世界のエンターテイメントとスポーツシーンをけん引するCreative Artists Agencyにより設立された、ワールドクラスのD2Cプロダクトの開発スタジオであるCreative Labs(以下、CL)に500万ドルを出資することを明らかにし、材料視された。

 DLEの投資は、同社およびその提携企業とともに2回に分けて実施され、最初の270万ドルの投資は、シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルのPegasus Tech Venturesを通じて11月17日に完了した。DLEは、CLの強いリーダーシップの下、東京でのCreative Labs Japan オフィスの開設を主導し、日本発のプロダクトやサービスを世界中の人々に提供することに加え、日本市場向けの新しいコンセプトの構築に注力していく。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ