(再送)日経平均は50円程度安、業種別指数は精密機器、サービス、その他製品が下落率の上位

国内市況

株式

2020/12/3 13:40

 3日午後1時37分すぎの日経平均株価は、前日比50円程度安い2万6750円近辺で推移する。後場は買い優勢でスタートし、寄り付き直後には、同67円11銭高の2万6868円09銭と、きょうの高値を付ける場面もみられたが、積極的に買い進む動きは限られ、戻り待ちの売りに押される格好となっている。為替市場では、ドル・円が1ドル=104円40銭台(2日終値は104円56-57銭)と小動きが続く。

 東証業種別指数33業種では、18業種が下落、15業種が上昇。下落率の上位は、精密機器、サービス、その他製品、機械、ガラス土石となっている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ