マザーズ指数反落、メルカリなど下げる=新興市場・14日

 マザーズ指数が反落。東証1部市場が大幅続伸となる中、マザーズ市場は短期資金の流出と投資家心理の改善との間でもみ合いを続けている。メルカリ<4385.T>、フリー<4478.T>、JTOWER<4485.T>などが安く、ビザスク<4490.T>、Sansan<4443.T>、Chatwork<4448.T>が上昇。水戸証の高評価を得てMacbee Planet<7095.T>はストップ高となった。ジャスダックではNo.1<3562.T>が人気。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ