クシムが3連騰、子会社の20年12月SES稼働率96.15%と順調推移、目標達成続く

株式

2021/1/14 16:36

 クシム<2345.T>が3連騰し、34円高の655円を付けた。13日に連結子会社であるクシムソフト(東京都港区)の20年12月のシステムエンジニアリングサービス(SES)事業におけるエンジニア稼働率を発表、96.15%(11月は96.0%)と順調に推移し、買い気が高まった。

 コロナ禍における各プロジェクト凍結や時期見送りが懸念される中、同社では前月同様に目標稼働率96%を達成出来たことは、今後の展開の土台が固まっていることの表れとしている。

 14日の終値は、前日比9円高の630円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ