明光ネットが後場浮上、第1四半期営業利益21%増で買い安心感

株式

2021/1/14 16:37

 明光ネットワークジャパン<4668.T>が後場浮上し、59円高の595円を付けた。14日正午に21年8月期第1四半期(20年9-11月)の連結決算を発表、2ケタ増益を達成し、買い安心感につながった。

 第1四半期決算は、売上高が45億200万円(前年同期比5.1%減)と後退したが、営業利益は3億9600万円(同21.0%増)に拡大した。収益性重視の会社・教室運営により営業利益率の向上を図るとともに、各事業においてフランチャイズ事業の拡大を推進し、フランチャイズ教室の収益性を向上させることなどに取り組んだ。

 14日の終値は、前日比57円安の593円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ