花王、京大と「使用済み紙おむつの炭素化リサイクルシステム」確立に向け実証実験を開始

株式

2021/1/14 16:38

 花王<4452.T>は14日、京都大学と「使用済み紙おむつの炭素化リサイクルシステム」の確立に向け、1月から愛媛県西条市の協力のもと、実証実験を開始すると発表した。

 実証実験を通して、使用済み紙おむつを炭素素材へ変換し、CO2排出量削減による環境負荷低減に貢献していく。今後、紙おむつを炭素化した素材の産業利用を進めるとともに、空気・水環境の浄化、植物の育成促進への活用など地球環境改善につながる研究技術開発をさらに推進する。リサイクルシステムの社会実装は、25年以降を予定している。

 14日の終値は、前日比140円高の7873円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ