マザーズ指数続伸、BASEなど買われる=新興市場・18日

 マザーズ指数が続伸。東証1部市場が一服症状となる中で新興市場は朝方から買いが先行。BASE<4477.T>、Sansan<4443.T>、JTOWER<4485.T>などが上昇し、エヌ・ピー・シー<6255.T>、弁護士ドットコム<6027.T>も買われた。直近IPOではココペリ<4167.T>、バルミューダ<6612.T>、ENECHANGE<4169.T>が上昇した。ジャスダックではMipox<5381.T>、アサカ理研<5724.T>などが上昇。ケイブ<3760.T>は売られた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ