マザーズ指数反落、メルカリなど売られる=新興市場・19日

 マザーズ指数が3日ぶりに反落。前場は利益確定売りが先行したが、東証1部市場が一段高に進んだことで後場は買いが先行してプラス浮上する場面もあった。メルカリ<4385.T>が安く、AI inside<4488.T>やラクス<3923.T>も安い。直近IPOも人気でプレイド<4165.T>、バルミューダ<6612.T>、ウェルスナビ<7342.T>が上昇した。ジャスダックではイボキン<5699.T>、鉱研工業<6297.T>などが買われた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ