一工薬が後場上伸、カイコ冬虫夏草から認知機能を改善する新規物質「ナトリード」を発見

株式

2021/1/28 14:33

 第一工業製薬<4461.T>が後場上伸し、一時170円高の4240円を付けた。28日午後2時、養蚕技術を活用して得られたカイコ冬虫夏草から認知機能を改善する新規物質「ナトリード(環状ペプチドの一種)・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ