日経平均、一時2万8000円割れ―新時代の業績相場見据える

1面トップ

2021/1/28 17:30

 日経平均株価は28日、一時前日比で659円値下がりし、およそ半月ぶりに2万8000円を割り込んだ。昨秋からの大幅上昇の反動が強まる中で、米国市場の一部銘柄の投機的な動きへの警戒感が市場心理を曇らせた・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ