今晩のNY株の読み筋=米10-12月期GDPに注目

株式

2021/1/28 17:13

 28日の米国株式市場は、まず寄り付き前に発表される米20年10-12月期GDP(国内総生産)・速報値が注目となる。市場予想は前期比年率4.0%増。新型コロナ感染拡大が一服し過去最高の同33.4%増(確定値)の伸びを記録した前7-9月期からは大きく鈍化する見通しだが、巣ごもりのライフスタイルが浸透しつつある中で住宅関連指標などがGDPへの寄与を高めている可能性があり、市場予想並みかそれ以上の強い結果なら、前日大幅安となったリスクオフムードが一服するとみられる。

 逆に、GDPが市場予想を下回るようであれば、リスクオフ持続で下げが加速することも想定される。また、ロビンフッター(素人個人投資家集団)参戦の影響で一部ヘッジファンドがカラ売りの買い戻しを余儀なくされ、逆行高となっている米ゲーム小売ゲームストップの動向などにも気を付けたい。

<主な米経済指標・イベント>

10-12月期GDP(国内総生産)速報値、12月新築住宅販売件数、7年国債入札

マクドナルド、コムキャスト、アメリカン航空グループ、マスターカード、サウスウエスト航空、ビザ、モンデリーズ・インターナショナルなどが決算発表予定

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ