住友重が急伸、通期の業績予想を上方修正

株式

2021/2/1 12:03

 住友重機械工業<6302.T>が急伸。1月29日引け後の決算発表で、21年3月期の連結業績予想を上方修正したことが好感された様子。株価は前週末比203円高の3105円まで値を上げている。

 21年3月期について、予想売上高を8100億円から8500億円(前期比1.7%減)に、営業利益を360億円から460億円(同19.0%減)にそれぞれ引き上げている。「建設機械」で日本および中国の需要が想定以上に堅調なことや、エネルギープラントで工事進行基準案件の工事進ちょくが想定より進んでいること、「精密機械」や「産業機械」で採算が好転したことなどが主な要因。21年3月期第3四半期累計(20年4-12月)は、売上高5998億7100万円(前年同期比4.1%減)、営業利益363億4100万円(同3.9%減)だった。

 前場終値は173円高の3075円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ