株式新聞、4月からWeb版完全移行

編集部のおすすめ

2021/2/26 16:28

豊富な情報をネットでより早く

 株式新聞紙面は3月末をもって休刊し、パソコン(PC)やスマートフォン、タブレット端末などによってインターネット上で閲覧できる「株式新聞Web(ウェブ)」に完全移行します。ここではその魅力を紹介していきます。

 今年で創設8年目を迎えた株式新聞Webは、紙で発行してきた株式新聞が磨き上げた伝統を受け継ぎつつ、デジタル時代に求められるスピードに対応した総合サービス。注目株をはじめとする厳選した投資情報や、「山本伸のプレミアムレポート」などのスペシャルコンテンツをより早く読むことができるのが電子媒体の利点です。

 紙版に掲載しているほぼすべての記事を、前日の夕方5時半までに更新。また、従来は締め切り時間の都合で反映できなかった大引け後やPTS(私設市場)、早朝の情報も機動的に発信するほか、過去の記事の検索や保存も可能です。

資産形成を後押し

 株式新聞Webだけでしか手に入らないコンテンツの一つが、紙版でもおなじみのマーケット評論家・山本伸氏が有力銘柄を取り上げる「山本伸のプレミアムレポート」。掲載は毎週水曜日(祝祭日を除く)で、マーケットでも大きな注目を集めています。

 その人気は確かな実績が裏付ける。過去半年にこのコーナーで紹介された銘柄(表参照、右の画像クリックで拡大)は、掲載時の780円から1462円まで9割近く上昇したエフオン(9514)をはじめ、那須電機鉄工(5922・(2))〈上昇率73%〉、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス(=ヒトコムHD、4433)〈同67%〉など高パフォーマンスが相次ぎ、実に10銘柄(全26銘柄)が3割を超す値上がりを遂げました。

 このほか、IPO(新規上場)情報や毎朝の証券各社のレーティング、随時流れる速報ニュース、記者が旬のテーマを解説する動画など、豊富な内容で投資家の資産形成を強力にサポートします。まずは7日間無料でお試しいただき、その利便性を体験してください。

 ※インターネットで「株式新聞Web」と検索するほか、モーニングスターのホームページから申し込めます。

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ