<今日の仮想通貨市況>売り優勢、米長期金利急伸でリスクオンムード後退

仮想通貨

2021/3/19 10:33

 19日午前10時30分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=623万7497円(過去24時間比3.46%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=19万3163円(同3.07%安)と売り優勢なっている。

 18日、前日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で23年までゼロ金利を維持する方針が示されたものの、市場では景気過熱とインフレ加速懸念が強まり米長期金利が1.7%台に急伸。米株式市場が反落しリスクオンムードが後退したことで、暗号資産市場にも資金引き揚げの動きがみられた。

 また、暗号資産交換所最大手コインベースProに新規上場し、騰勢を強めていたカルダノ(ADA)は、18日から同交換所での取引を開始したが、その後は利益確定売り優勢となり、19日午前10時30分現在1ADA=135.8円(同9.92%安)と値を下げ、時価総額が3位から4位に後退している。

 このほか、米銀行大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)がレポートで、DeFi(分散型金融)はメインストリームの資本市場を大きく変革する可能性があると評価し、そのブロックチェーン基盤はETHのほうがBTCよりも優れているとしたことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ