日本製鉄が続伸、SMBC日興証は「1」継続、目標株価は2340円に引き上げ

株式

2021/4/5 16:35

 日本製鉄<5401.T>が続伸。SMBC日興証券では2日付で、投資判断「1」(アウトパフォーム)を継続、目標株価は1910円から2340円に引き上げている。

 目標株価算定の基準年となる23年3月期の同証券調整後連結一株利益予想を217.2円から243.3円に引き上げ、PERを8.8倍から9.6倍に引き上げ、あわせて目標株価を2340円に引き上げるとしている。従来は業界平均の8倍に10%のプレミアムを付与したが、追加構造改革による長期的な収益力の底上げの可能性を評価し、20%に引き上げたとしている。

 鹿島地区の高炉休止など構造改革の規模とスピードは同証券の想定を上回っているほか、2050年までにカーボン・ニュートラルへの挑戦を表明した点もポジティブとしている。「今回の構造改革で最も注目されるのは、国内事業に関して、同社が数量から質を重視する経営に大きく転回した点であろう」とし、一般的に顧客への供給責任、雇用維持などもあり、設備休止は決断が遅れがちであるものの、薄板需給が逼迫している足元の情勢下にもかかわらず、26年3月期までに設備集約を決断した点は注目に値するだろうとしている。

 5日の終値は、前週末比43.5円高の1870.5円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ