【株式新聞・正午版】環境関連、物色勢い増すか――中核はレノバ、エヌピーシーなど

ニュース

2021/4/7 12:00

 環境関連株への関心が再び高まりつつある。16日に行われる日米首脳会談で気候変動対策が共同文書に盛り込まれると伝わったほか、経済産業省が太陽光発電の導入を促進する。再生エネルギーのレノバ(9519)や・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ