<個別株動向>ルネサス、冨士ダイス、植木組、ソニーG、ホクシン=30日前場

株式

2021/4/30 11:56

 ルネサス<6723.T>―21年12月期第1四半期(1-3月)の連結決算(IFRS)は、大幅な営業増益で着地し最終損益は黒字に転換。前営業日比36円高の1271円。

 冨士ダイス<6167.T>―21年3月期の連結業績予想を上方修正、営業損益は赤字予想から黒字に転換する見込みに。前営業日比18円高の666円。

 植木組<1867.T>―21年3月期の連結利益予想を上方修正、期末配当は普通配当90円に特別配当20円を加え110円(前期は特別配当10円を含む90円)に増額。前営業日比32円高の1533円ザラバ引け。

 ソニーG<6758.T>―22年3月期の連結営業利益(IFRS)は9300億円を予想し、市場予想平均の9650億円程度に届かず、失望売りに押されたもよう。前営業日比730円安の1万1080円。

 ホクシン<7897.T>―東京証券取引所は30日の売買分から、信用取引による新規の売りおよび買いに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げ。前営業日比12円安の208円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ