裕福に退職するための重要なルール

信じがたいかもしれませんが、退職後に備えてキャリア中に大金を稼いでおく必要はありません。

単純な一連のルールに従うことで、裕福な退職生活を送ることができます。

そのために従うべきいくつかの簡単なガイドラインがあります。

1.若いうちから貯蓄を始める

退職後の富を構築するにあたって時間は最大の武器になります。

理想的なのは安定した給料を受け取るようになった時からこの準備を開始することです。

22歳から月額250ドル貯蓄し、67歳まで続けたとすると120万ドルほどになっているでしょう。

これは、S&P500の年率平均8%のリターンを得られることを前提としています。

2.積極的に投資する

多くの人はお金を失うことを心配して株式を購入することを躊躇します。

しかし、退職後の貯蓄を株式に投資することは、一定した小さな額を時間の経過とともに大きくするための優れた方法になります。

株式の比重が高いポートフォリオにとって、8%のリターンが45年で月250ドルをどのように成長させるか上記で確認しました。

これが、たとえば平均わずか5%のリターンであった場合、約47万9,000ドルになります。

3.借金を避ける

借金が増えれば増えるほど、より多くの利息を支払うことになります。

そして、支払利息の金額が多ければ多いほど、将来のために利用できる金額が少なくなります。

住宅や自動車など必要なものもありますが、クレジットカードや緊急でない目的の個人ローンなどはできるだけ使用を控えてください。

退職後に備えてキャリア中に大金を稼いでおく必要はありません。

むしろ、若い頃から目標のために貯蓄にコミットし、さらなる成長のために株式投資をし、コストのかかる借金を避けるだけでよいのです。

これらのルールに従うことで、あまり犠牲を払うことなく、夢の退職に向けて準備を進めることができるでしょう。

https://www.morningstar.co.jp/redirect/kabushiki_210122.htm

※この記事はモトリーフールジャパンからの許諾を受けて掲載しており、著作権は情報提供元に帰属します。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ