日経平均は487円程度安、Core30ではソフバンG、HOYA、村田製が値下がり率上位

国内市況

株式

2021/5/13 13:20

 13日午後1時15分すぎの日経平均株価は、前日比487円程度安い2万7660円前後で推移。後場は買い優勢でスタートしたものの、買いの勢いが続かず、様子見姿勢も出ているもようで、停滞商状となっている。為替市場は、ドル・円が1ドル=109円70銭前後(12日は108円79-80銭)で、午後に入りやや円安方向にある。

 主力大型株が中心のTOPIX Core30指数は、前日比6.05ポイント安の878.38ポイントと3日続落。同指数採用銘柄の値下がり率の上位には、ソフバンG<9984.T>、HOYA<7741.T>、ソニーG<6758.T>、村田製<6981.T>、日立<6501.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ