三菱商、スイスのSouthPole社とカーボンクレジットの開発から販売までを手掛ける事業で協業

株式

2021/5/13 16:07

 三菱商事<8058.T>は12日、環境負荷低減に向けた取組みの1つとして、スイスのSouth Pole社と、CCUS(Carbon Capture Utilization and Storage)などに由来するカーボンクレジットの開発から販売までを手掛ける事業について、共同検討に関する協業契約を締結したと発表した。

 今回の事業は、これらの課題を解決すべく、CO2(二酸化炭素)排出量の削減のみならず、大気等に排出済のCO2を回収して貯留・有効利用するCCUSなどのネガティブエミッション技術対象としたカーボンクレジット開発・販売を行い、クレジット供給者となる同技術の事業者へクレジット販売による新たな収益源を提供し、クレジット需要家へ当該クレジット購入機会を提供することを目指す。

 13日の終値は、前日比23.5円安の2881円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ