小野薬が連日で年初来安値更新、22年3月期の業績予想下ブレが重しに

株式

2021/5/13 16:08

 小野薬品工業<4528.T>が3日続落し、一時92.5円安の2457.5円を付け、連日で年初来安値を更新した。13日午前8時40分に22年3月期の連結業績予想を下方修正し、株価の重しとなった。

 22年3月期業績予想は、売上収益が3500億円から3450億円(前期比11.5%増)、営業利益が1050億円から1030億円(同4.7%増)に引き下げられた。売上収益では、5月12日開催の中央社会保険医療協議会において決定された「オプジーボ点滴静注」の本年8月からの薬価再算定を踏まえ、「オプジーボ点滴静注」の売上予想を100億円減額修正する一方、同薬以外の新製品を含む主要製品の売上予想を上方修正し、トータルで前回予想比50億円の減収とした。売上収益の減少などにより、利益額も減少する。

 13日の終値は、前日比86.5円安の2463.5円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ