今晩のNY株の読み筋=米4月PPIなどに注目

株式

2021/5/13 17:03

 13日の米国株式市場は、前日と似た相場展開になる可能性があるので気を付けたい。

 前日の米国株式市場は、強い米4月CPI(消費者物価指数)を受け、インフレへの警戒感から米長期金利が急上昇したほか、クラリダFRB(米連邦準備制度理事会)副議長がCPIの結果に驚きを示したことも市場の動揺を誘い、主要3指数は揃って下落した。

 きょう13日は、4月PPI(生産者物価指数)の発表がある。3月実績に対し前年比強含み、前月比弱含みとの見方が大勢だが、いずれにせよ、前日のCPIと同様に市場予想を上回れば早期テーパリング(量的金融緩和の段階的縮小)が想起され、株式市場には向かい風となろう。また、前日同様、FRB高官らの発言機会があり、一時的なインフレを強調するものとみられる。30年国債入札や新規失業保険申請件数の結果も踏まえ、FRB高官の発言内容を注視しておきたい。

<主な米経済指標・イベント>

コインベース・グローバル、ウォルト・ディズニー、ドアダッシュ、エアビーアンドビーなどが決算発表予定

新規失業保険申請件数、4月PPI(生産者物価指数)、30年国債入札、ウォラーFRB(米連邦準備制度理事会)理事、バーキン・リッチモンド連銀総裁、ブラード・セントルイス連銀総裁に発言機会がある。

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ