14日の東京外国為替市場=ドル・円、109円半ばを中心に小動き

マーケット情報

為替

2021/5/14 15:03

 14日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=109円半ばを中心とした小動きとなった。

 朝方、1ドル=109円45銭近辺だったドル・円は、日経平均株価の買い先行や仲値決済に向けた国内輸入企業からのドル買い・円売りを受け、一時109円65銭まで上昇する場面があった。その後は、日経平均株価が高原状態を維持する展開となるものの、ドルをさらに買い進むには至らなかった。午後に入ると、米4月小売売上高などの経済指標の発表が控えていることから次第に様子見ムードとなり、ドル・円は小動きが続いた。

 15時現在、109円50銭となっている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ