9日のPTS注目ポイント=ベステラ、アセンテック、SYSHD、ナデックスなど

株式

PTS

2021/6/9 17:15

▽ベステラ<1433.T>、22年1月期第1四半期(21年2-4月)の連結営業利益は1億9800万円(前年同期は1500万円)で、通期予想の4億5000万円(前期比3.6倍)に対する進ちょく率は44.0%。当四半期末の受注残高は20億8000万円(前年同期末比33.6%増)。

▽アセンテック<3565.T>、22年1月期第1四半期(21年2-4月)の単体営業利益は2億1700万円(前年同期比24.6%増)で、上期(2-7月)予想の3億5300万円(同6.3%増)に対する進ちょく率は61.5%。取得期間21年6月10日-10月31日の予定で、上限2億円、14万株(自己株式を除く発行済株式数の1.03%)の自社株買いを実施すると発表。

▽SYSHD<3988.T>、21年7月期の連結営業利益予想を3億3000万円から3億6000万円(前期比4.6%増)に引き上げ一転して増益を見込んでいる。

▽ナデックス<7435.T>、21年4月期の連結営業利益は6億2700万円(前期比32.8%減)で従来予想を2億7200万円超過。22年4月期は営業利益9億500万円(前期比44.3%増)を計画。

▽勤次郎<4013.T>、取得期間21年6月10日-11月30日の予定で、上限10億円、60万株(自己株式を除く発行済株式数の5.76%)の自社株買いを実施すると発表。

▽ミライトHD<1417.T>、22年3月期5月度の受注高(8社単純合計)は304億円(前年同月は246億円)。

▽きんえい<9636.T>、22年1月期第1四半期(21年2-4月)の単体営業損益は6100万円の黒字(前年同期は100万円の赤字)で、上期(2-7月)予想の3000万円の黒字(同1600万円の赤字)を超過。

▽大盛工<1844.T>、21年7月期第3四半期累計(20年8月-21年4月)の連結営業利益は3億6200万円(前年同期比24.7%減)で、通期予想の3億3500万円(前期比37.8%減)を超過。

▽アルペン<3028.T>、21年6月期の期末配当予想を従来の20円から25円(前期は20円)に引き上げ、年間45円(同40円)配当としている。

▽主な決算発表=くら寿司<2695.T>、ロックフィル<2910.T>、グッドコムA<3475.T>、巴工業<6309.T>、ハウテレビ<7064.T>、ヤギ<7460.T>、B&P<7804.T>、マツモト<7901.T>、大塚家具<8186.T>、丹青社<9743.T>

▽主な業績修正=3Dマトリク<7777.T>

▽主な月次=物語コーポ<3097.T>

*午後4時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ