週間展望:テーパリングめぐり強弱感対立、ボラティリティー拡大も

 日経平均株価が2万9000円を挟むもみ合いを続けた今週の東京株式市場。底堅さを維持する半面、上値も75日移動平均線や日足一目均衡表の「雲」に押さえられる展開が続いた。市場は再び、欧米金融当局のテーパ・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ