旭化成、奈良県立医科大と226nmUVCLEDによる新型コロナ不活化効果と動物細胞への影響を検証

株式

2021/6/11 13:43

 旭化成<3407.T>は11日、奈良県立医科大学の微生物感染症学講座(矢野寿一教授)および同大学免疫学講座(伊藤利洋教授)と連携し、226nmUVCLEDによる新型コロナウイルス(SARS-CoV-・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ