日立、福岡市での「地中レーダ等を活用した地下埋設物の検知」に関する実証に参画

株式

2021/6/11 16:21

 日立製作所<6501.T>は10日、福岡県福岡市が実施する、民間事業者のアイデアやAI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)などの先端技術を活用して社会課題の解決をめざす「インフラテック(インフラ×テクノロジー)実証プロジェクト」において、そのテーマの1つである「地中レーダ等を活用した地下埋設物の検知」に関する実証に参画すると発表した。

 同実証は、21年6月から、22年3月まで実施される予定。同実証において、同社は、地中レーダー探査とAI解析を用い、地下の埋設物情報の可視化を実現する独自の「地中可視化サービス」により、下水道工事において課題となる、水道管やガス管といった地下埋設物の試掘調査の高度化・効率化に取り組むという。

 11日の終値は、前日比90円安の5983円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ