昭電工、Seagate社と熱アシスト磁気記録に対応した次世代ハードディスクメディアを共同開発

株式

2021/6/11 16:22

 昭和電工<4004.T>は10日、シンガポールのSeagate Singapore International Headquarters(Seagate社)と、ハードディスクドライブ(HDD)の次世代記録技術である熱アシスト磁気記録(HAMR)に対応した次世代ハードディスクメディアを共同開発する契約を締結したと発表した。

 Seagate社は、HDD業界でHAMR対応HDDの技術開発を長年リードしてきており、今後、同社とSeagate社との間で締結された共同開発契約に基づき、同社が開発したFePt新磁性体および、同社とSeagate社が将来共同で開発する同磁性体を評価いする。この協業で、両社のHAMR対応HDD関連技術の開発スピードを一層加速させるという。

 11日の終値は、前日比15円安の3585円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ