17日の債券市場見通し=海外債券安引き継ぎ、利回り上昇か

債券

2021/6/17 8:45

予想レンジ:債券先物中心限月(21年9月限)151.55円-151.75円、長期国債利回り0.050%-0.065%

 17日の債券市場は、米国の緩和縮小が想定よりも早く進むとの見方から、債券売り(利回り上昇)が優勢となりそうだ。注目されたFOMC(米連邦公開市場委員会)では、ゼロ金利と量的緩和政策の継続を決定した。ただ、FOMC参加者18人による政策金利予想では、13人が23年の利上げを見込み、早期利上げへの警戒感が台頭した。米10年国債利回りは大きく上昇しており、日本でも債券に売りが強まりそうだ

 前日16日の現物市場の新発10年債利回り(長期金利)は、上昇した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ