<今日の仮想通貨市況>売り優勢、タカ派的なFOMC受けた米株安が影響

仮想通貨

2021/6/17 11:05

 17日午前11時現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=427万6102円(過去24時間比2.94%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=26万6735円(同3.87%安)など売り優勢となっている。

 16日、市場で関心の集まっていたFOMC(米連邦公開市場委員会)で同委員らの政策金利見通しを示すドットチャートで23年の利上げを予想する委員が大勢を占め、市場の想定よりタカ派的(金融正常化重視)との受け止めから、米株式市場が下落。リスク資産から資金が流出する展開で、ビットコインなども売り優勢に傾いた。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ