<相場の読み筋>6月21日

2021/6/21 7:45

 前週末18日の米国株式は、NYダウが前日比533.37ドル安の3万3290.08ドルと5日続落、ナスダック総合指数が同130.974ポイント安の1万4030.376ポイントと反落して取引を終了。出来高概算は、NY市場が27億1418万株、ナスダック市場が63億8553万株だった。同日は、株式先物取引、株価指数オプション取引、個別株先物、個別株オプション取引の清算日にあたることから、出来高が膨らんだ。

 米CNBCテレビのインタビューで、セントルイス地区連銀のブラード総裁は、FRB(米連邦準備制度理事会)がインフレの加速で22年にも最初の利上げを行うとの見方を示した。16日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、23年からの利上げが見込まれていただけに、早期の利上げへの警戒感が高まり、リスク回避の売りが強まった。NYダウ採用銘柄は全30銘柄が下落し、シェブロン<CVX>やウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA>、ゴールドマン・サックス<GS>などが値下がり率の上位に入っている。

 21日の東京株式は、続落後も軟調な展開か。日経平均株価は足元で弱い動きが続くなか、前週末18日の欧米株式が下落したこともあり、売り優勢のスタートとなろう。手がかり材料にも乏しいこともあり、手控えムードが強まるなか、時間外取引での米株価指数先物の動きをにらみつつ、落ち着きどころを探る動きとなりそう。一方で、短期的な資金が、値動きの軽い中小型株に物色の矛先を向ける場面も想定される。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の前半(前週末18日は110円00-01銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=130円台の半ば(同131円07-11銭)と円高方向に振れている。

 前週末18日のADR(米国預託証券)は円換算値で、武田薬<4502.T>、ZHD<4689.T>、アドバンテスト<6857.T>、などが同18日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、同18日の大阪取引所清算値比415円安の2万8515円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ